回避はできない乗り越えるもの

産後クライシスとは出産をした後に夫婦仲が悪くなってしまうことを指します。 その要因の一つとして挙げられるのが産後の育児の大変な時期に夫が一切家事や育児を手伝わないというのがあります。 あと義母が育児に干渉してくることに対して夫が何も言わないことも大きな理由としてあるのです。 その他にも女性の生理的な要因も大きく関係してきます。 女性は出産した後はホルモンのバランスが不安定になりがちで些細な事でもストレスに感じてしまうこともあるのです。そのために夫が育児に参加していても産後クライシスになってしまうこともあるのです。 それではどのようにすれば産後クライシスを回避できるのでしょうか。 これはそもそも回避するという考えではなく乗り越えるものだと思ってください。 上手く乗り越えられますと夫婦仲はかなりいいものになります。 まず乗り越え方なのですが、女性は夫に育児を手伝ってくれるように言うことが大事です。言わずに手伝ってもらうのが理想かもしれませんが、言わなければわからないものだからです。 そして夫には完璧にすべてこなしてくれることを求めないのも一つの方法となります。 完璧でなくても6割程度でもこなしてくれればいいと考えればいいのです。 他にも夫が家事に協力をしてくれたときには褒めることが大事になります。 普段家事をしない人が家事をするのは大変なことです、うまくできないこともありますがそれに対して口出しをしてはいけません。せっかく協力をしようと思っても口出しをされるのであればもう二度と手伝いはしたくないという風になってしまいます。 子供を扱うのと同じようなものだと思い、不満が残る場合でも褒めてください。 産後クライシスはひどい場合にはかなり長く続いてしまうこともあります。 子供が大人になった後でも育児に協力をしてくれなかったという恨みが残ることもあるのです。酷い場合には離婚になることもありますので気を付けてください。