出産後って他に色々聞くけど何が違う?

近年よく聞く様になった産後クライシスという言葉。しかし、未だ聞いたこともなく、単語は知っていても内容を理解している人は少ないのが現状です。産後クライシスとは、出産や育児により、妻から夫への不満が高まり、夫婦関係が悪化する現象を言います。一般的に、妊娠によって母性が高まり、妊娠時も出産後も母親は穏やかな幸せに満ち溢れているといった像を描いている人は多いことでしょう。妊娠は病気ではないので、妊娠時の身体の不調を薬で治すことは出来ませんし、重い持病があってさえも子供の発育に影響がある薬は飲むことが出来ません。現実にはこの病気ではないという意味を誤解し、妊婦は病人ではないので妊娠前と同じ様に動ける筈と悪阻などで苦しみ食事や睡眠が取れない妊婦を責め立てる人がいます。妊娠出産は命を落とこともある大変な体験です。そして、産後の身体は大きなダメージを受けています。その後の育児での眠れない日々や、子供のリズムに合わせることで狂う家庭生活も、母親にとっても負担です。これらの時期に同じ子供の親である夫から気遣いにかける対応を受け、それを受け流す程の余裕を持つことは妻にとって簡単なことではないということを理解しましょう。全国の母子家庭を対象に行う母子世帯等調査において、子供が0?2歳時の離婚が全体の約3割というデータが出でいます。子供が生まれてすぐと言えるこの期間に高まる離婚のリスクを乗り越える為には、産後クライシスが母親の育児ノイローゼや産後鬱、産後ブルーの問題ではないことを夫や家族がまず理解することが大事です。妻の出産後、ハードな仕事と生活の変化と負担感により鬱になる夫もいますし、妻の側も自分だけの問題でないことを知る必要があります。子供が生まれたことにより生まれた、夫婦という男女のすれ違いは、育児や家事について話し合い、納得しあうことが何より重要です。産後クライシスはその後の夫婦の関係にも深い爪痕を残します。出産後に冷めた夫への愛情が戻らないことも多いくらいです。家族にとって大変な危機、それが産後クライシスだと理解し、対策をとることが大事です。